• 東横線 田園調布駅 徒歩5分
  • 鍼灸院併設 光線療法が受けられる専門院

03-5483-2241

営業時間/9:00〜20:00 休診日/日曜・祝日

小池整体のブログ

2019/11/5 

自律神経の不調のつらさを理解できる治療院でありたい

自律神経があるところまで崩れてしまい体調不良が起きてしまうと、とてもつらい症状が現れてしまいます。動悸、息苦しさ、体温調整の難しさ、不安、恐怖心、倦怠感、慢性疲労、不眠、関節の痛み、胃腸の過敏症、膀胱の過敏症、生殖器の違和感、排尿障害、目や耳の不調、頭痛、めまい、耳鳴りなど、あげたらきりがありません。

人によってはこれらの症状が重なり、仕事ができなくなり、電車やバス、飛行機が乗れなくなり、生活の質が大きく低下してしまいます。

精神的な不調にも繋がるため、気力の低下、感情の起伏の激しさ、落ち込み、予期不安などが起きてしまい、自分でも原因がわからないまま、苦しんでおられる方が多くいます。

病院に行って検査をしても原因がわからず、薬だけが増えてしまいます。薬では自律神経は治りませんので悪化を止めることはできません。

いずれ精神科に行くようになり、精神薬で現状維持をすることが精一杯になってしまいます。一念発起して自分を奮い立たせ、がんばろう、病気に負けないと気持ちを強く持とうとしますが、後で反動が来て、さらに苦しい症状が起きてしまいます。

食事をどのように改善すればいいのか、いろんな情報がありすぎてわからない。

どんな運動をすればよいのかいろんな情報がありすぎてわからない。

休めばいいのか、入院すればいいのか、田舎に行けばいいのか、動かなくてはいけないのか、それらの答えを明確にしてくれる情報には出会えず、不安は尽きません。

脳の神経が過敏になってしまうことがあり、自己判断で悪い方へ流れてしまう人も多くいます。

頼りにしていた家族や友人、知人も理解してくれません。病院に行けば治るよ、みんな同じようなことあるよ、などと親身に考えてくれる人は多くはありません。

またほとんどの人がアイデアがありません。どうしていいかわかりません。

つらい、つらいと言うけど、気持ちの問題ではないのか、働きたくないという気持ちがあるからではないのか、根性が足りないのではないか、など本当の理解とは離れた解釈をされてしまい、本人は苦しんでしまうのです。

どうしたらこの状況から抜け出ることができるのか、この苦しさを理解してくれる人はいないのか

私自身が病んでしまった時、とても強くそのように思いました。

病院に行っても理解はしてくれません。時間が無いという態度がすぐにわかります。薬を出すから様子をみてください。これしか言うことがないのか、そのように思いました。

有名な治療院に行って思ったことは、患者の理解よりも自分の技術や知識を当てはめることに視点が行っているということでした。この技術はなんにでも効くからやってみましょう。このようにして私のつらさ、何が起きているかなどを理解しようとせずに、自分の技にだけ意識が行っていることに不安を感じました。

この時の気持ちを忘れずに私は患者さんと向き合うように心がけています。

苦しさ、つらさ、どうしようもない不安、この先どうなってしまうのか、誰にも理解されない不安、人間関係に対する失望、自分の人生に生きる意味が無くなり、ふとすると死んでしまいそうになるほどの虚無感、これらを抱えて来られる患者さんをまず、理解すること、そしてその時できることを一緒に考えていくこと。このことを第一に考えてやっています。

私には改善して行くアイデアがたくさんあります。自分の闘病の前からこのような仕事に携わり、新しく療法院を始めてからも引き出しがいくつも増え、私を信頼していただければアイデアは尽きません。あきらめるという言葉は私の中にはありません。どんな状況からでも復活することはできるのです。

しかしまず、私が患者さんを理解するところから始めなければなりません。それが第一歩となり、共に歩めるのだと思います。

患者さん一人一人は違います。マニュアル通りには行きません。しかし難題を抱えた患者さんが来られる度に、私は自分自身が学ぶ機会をいただいたと思い、一緒になって考えるようにしています。すると次から次へと新しい知識や技術が増え、私自身も向上することができます。

それが私自身の初心であり、決して忘れてはいけないことと思っています。

私自身もいろんな方の支えがあって復活することができました。

ぜひ私にご相談ください。どこに行っても改善しなかった人ほど、うちのこと、うちとの出会いを喜んでくださいます。

そして私と会話して理解が足りないと思ったら、ぜひそのことを遠慮無く言ってください。私はもっと成長したい、もっと力になりたいと思っていますので大丈夫です。そして患者さんが改善していくためにはそれが不可欠だと思います。

過去にうちにいらしてくれた方も、よろしければまたお越し下さい。

一年前、半年前にはわからなかったことが、今はわかることがあります。

知恵というのは天地自然から頂けるものです。私自身が初心に帰る度に、新しい気づきをいただけます。それを患者さんに還元することが使命と思っています。